2017年05月24日

アスコット丸の内東京 その1

東京駅近辺で1泊することとなり、探し当てたのが2017年3月30日に開業したばかりのサービスレジデンス『アスコット丸の内東京』。
シンガポールに本社を置くアスコット社が展開する3つのブランド(『アスコット』『サマセット』『シタディーン』)の最上級ブランドです。

1泊ですのでサービスレジデンスの良さを堪能することは出来ないかもしれませんが、新しさと惹かれて38平米のスタジオタイプのお部屋を思い切って予約しました。


チェックイン
大手町駅直結とは言え利用する路線によっては5分程度歩くことになる立地です。
C6a出口からエスカレータで地上へ、ビル内を通ってホテルのエントランスへと向かいます。レセプション・ロビーは22階でエントランスにはホテルの方は常時いないようです。

エントランス

アスコット丸の内東京
エントランス


ロビーは22階、高級感がひしひし漂っています。
あまり広くはありませんが、その分天井を高めにし大きな窓を設け、開放的なつくりに仕上がっています。

平日の14:00頃に到着しましたが、私たちの他にお客は見当たりませんでした。

ロビー
ロビー


レセプションには椅子があり座ってチェックインの手続きができました。
担当してくれたのは初々しさの残る外国人スタッフ。ややたどたどしい日本語でしたがとても丁寧で一所懸命な姿が好印象です。

予約時にリクエストするのを忘れていたので、禁煙ルームか念のため確認したところ『全館禁煙』でした。
これは助かります。

レセプション
レセプション


ラウンジには新聞、コーヒー・お茶が準備されています。
少し隣のテーブルとの距離が近すぎる気が・・・。

ラウンジ
ラウンジ


ラウンジからはテラスへ出ることが出来ます。
丸の内のど真ん中ですので、眺望はイマイチですが気持ちのいい空間です。


テラス
テラス


それでは部屋へと向かいます。

続きます・・・



posted by T's Photo Gallery at 14:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 2017.5 アスコット丸の内東京宿泊記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。