2012年03月27日

ハウステンボスに行って、ホテルヨーロッパに泊まってきた その1

※これは2011年11月の記事です。
X年前に結婚式を挙げた思い出の地、ハウステンボス。お久しぶりに行ってみました。

宿泊はもちろんホテルヨーロッパ。お部屋はラグジュアリーツインです。

チェックインまで
ハウステンボス駅に11時に到着。ハウステンボス入国前に「場内ホテル受付」にて荷物を預け、チケットを受け取ったら早速入国します。

ハウステンボス駅ハウステンボス
ハウステンボス駅入場口



ホテルのチェックインまで時間があるので園内をぷらぷら散歩して、チェックイン時刻のちょっと前にはカナルステーション・ブルーケレンに戻り
カナルクルーザー(運河船)にてホテルヨーロッパへと向かう予定。
普通に(徒歩で)ホテルに向かうことももちろん出来ますが、せっかくハウステンボスに来たんだからカナルクルーザーに乗りたくなるってもんです。

ハウステンボス
ハウステンボス


久しぶりのハウステンボスを散歩。
基本的にはあんまり変わっていない様子ですが、近々「白い観覧車」がオープンするみたいで、試運転をおこなっていました。
のんびり散歩しているとオランダにいるかのような気分に浸れますね(おまけにアムステルダムよりよっぽど綺麗ですし)。

ハウステンボスハウステンボス
ハウステンボスハウステンボス


ちょっとおなかがすいたのでパニーニを買って、マウリッツ広場のベンチで昼食。安くはないけど、まずくもないので満足です。

再び散歩で写真を取りまくっていると、さきほどのマウリッツ広場からパレードが華やかにスタートしました。
若干、規模が小さく寂しい感じもしますが、一生懸命手を振って踊っている様子は素敵です。
パレードはゆっくりとハウステンボス内を進むので、散歩の最中何度も出くわしその度に手を振りました。もちろんキャストの方も手を振り返してくれるので楽しいのです。

ハウステンボスハウステンボス
パレードパレード



ホテルヨーロッパ
チェックインは15時から。
カナルステーション・ブルーケレンからカナルクルーザーに乗り込みます。

カナルステーションカナルクルーザー
カナルステーションカナルクルーザー


チェックイン前のちょっとしたアトラクションです。

ホテルヨーロッパ
ホテルヨーロッパに到着


ただそこそこの人数が一度にチェックインすることになるので、カウンター前で少々待つことになるんですけどね。
「場内ホテル受付」で預けた荷物を待つ間、ウェルカムドリンクのサービスがあり、ちょっと嬉しいです。

部屋はラグジュアリーツイン。

ラグジュアリーツイン
ラグジュアリーツイン


61平米あるので広さは十分です。インテリアはもちろんヨーロッパ調。二人がけのソファとサイドテーブル、円卓、デスクがあります。

ラグジュアリーツインラグジュアリーツイン
ラグジュアリーツインラグジュアリーツイン


デスクの上には有線LANの口が出ていますが、無線LANは無いようです。
TVは三菱の液晶でやや小さめのサイズ。ベッドに横になって見るしかない設置場所ですね。

デスクテレビ
デスクテレビ


バスルームはデザインこそ古いものの清潔に保たれてます。またシャワールームは独立してます。
洗面台も2つあるので助かりますね。

バスルームバスルーム
バスルームバスルーム


アメニティはL'OCCITANE(ロクシタン)でした。


「ハウステンボスに行って、ホテルヨーロッパに泊まってきた その2」に続きます。


posted by T's Photo Gallery at 13:34| Comment(0) | TrackBack(2) | 2011.11 ハウステンボス旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

ハウステンボスに行って、ホテルヨーロッパに泊まってきた その2

散歩
チェックインしてちょっとだけ休憩したら、部屋から出てまた散歩。アトラクションもありますが、あまり興味が無いのでやっぱりのんびりと散歩です。

ハウステンボス
カナルクルーザーとホテルヨーロッパ


まずは「ドムトールン」と「スタッドハウス」。
ハウステンボスのシンボルタワーであるドムトールンの高さは105m。4階と5階には展望台があり、ハウステンボスの街並みを一望することが出来ます。(今回は登りませんでしたが)

アレキサンダー広場に建つスタッドハウスの中にはガラス芸術を鑑賞できる美術館「ギヤマンミュージアム」があります。
結婚式を挙げることも出来るそうです。

ドムトールンスタッドハウス
ドムトールンスタッドハウス


続いては「ヴィンセント・ファン・ゴッホ橋」と「白い観覧車」。
オランダの画家、ゴッホの名がつけられた跳ね橋です。船の往来時には両側が上がる仕組み。ゴッホは「アルルの跳ね橋」という作品を残していますね。

2011年11月25日にオープンした「白い観覧車」。高さは約48m、11分かけて1周します。訪問時はオープンの数日前で残念ながら乗ることは出来ませんでした。いずれは乗って見たいもんです。

ヴィンセント・ファン・ゴッホ橋白い観覧車
ヴィンセント・ファン・ゴッホ橋白い観覧車


お次は少し歩いて「パレスハウステンボス」へ。
オランダ王国の現国王が居住されている宮殿の外観が再現されています。ついでに言うと、X年前に結婚式を挙げた場所でもあります。

パレスハウステンボス
パレスハウステンボス


内部にある「ハウステンボス美術館」では「光と闇の画家 レンブラント展」を開催中、ほぼ貸切状態で観覧させていただきました。
宮殿の敷地内にはオランダ・バロック式庭園があります。18世紀に設計、保存されていた図面を基につくられたそうです。

庭園庭園
庭園庭園


挙式した会場もちょっとだけ覗いてみました。うん、なつかしい。

庭園挙式会場
庭園挙式会場


「ハウステンボスに行って、ホテルヨーロッパに泊まってきた その3」に続きます。
posted by T's Photo Gallery at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011.11 ハウステンボス旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

ハウステンボスに行って、ホテルヨーロッパに泊まってきた その3

夕食
ハウステンボス内にはファストフード、レストラン、居酒屋など多くの飲食店があります。
ホテルヨーロッパのフレンチレストラン「デ アドミラル」に行ってみたいところですが、グッとこらえてワールドレストラン街のイタリアン「ピノキオ」へ。嫁の記憶によると「なかなか美味しい」とのこと。

この日のオーダーは、
 ピノキオ特製 ポテトとベーコンのピザ
 自家製ミートソースのスパゲティ
 自家製パンチェッタのグリル
 ビール

ピノキオ特製 ポテトとベーコンのピザ
ピノキオ特製 ポテトとベーコンのピザ


どれもなかなか美味しく、嫁の記憶は確かでした!ビールとピザが最高でしたね。
ちなみにピザは有田焼の特注ピザ釜(世界で唯ひとつ!)で焼かれているそうです。

自家製ミートソースのスパゲティ自家製パンチェッタのグリル 野菜添え
自家製ミートソースのスパゲティ自家製パンチェッタのグリル 野菜添え


夜の散歩
ホテルの部屋で小休憩したら、夜のハウステンボスを散歩します。
イルミネーションのイベント「光の王国」が開催中で、ハウステンボス中がライトアップされています。

最初は「ドムトールン」。もちろん展望台に登れば、光り輝く街並みを一望できます。

ドムトールン
ドムトールン


お次は「スタッドハウス」。ツリーもライトアップされていて、とてもいい雰囲気です。

スタッドハウススタッドハウス
スタッドハウススタッドハウス


もちろん「白い観覧車」もライトアップされています。オープン前だったので乗ることは出来ませんでしたが。

白い観覧車白い観覧車
白い観覧車白い観覧車


広大な「アートガーデン」は何と500万個のLEDに包まれて、まさに「光の王国」といった感じ。
ガラス張りのカフェ「アートガーデンカフェ&バー」で、お茶を楽しみながらイルミネーションを眺めるのも良いかもしれません。

アートガーデンアートガーデン
アートガーデンアートガーデン


アートガーデンでも一際目を引くのが、高さ6mの光の壁「イルミネーションウォール」。光の馬車の前ではスタッフが写真撮影をしてくれるサービスもあります。

イルミネーションウォール光の馬車
イルミネーションウォール光の馬車


パレスハウステンボス」では音と光のイルミネーションショーが開催されています。ライトアップされた庭園は幻想的な雰囲気。思った以上に楽しめるショーでした。

パレスハウステンボスパレスハウステンボス
パレスハウステンボスパレスハウステンボス


また寒さ対策として毛布とクッションの無料貸出しサービスがあります。素晴らしいですね。

イルミネーションを満喫したら、ホテルに戻ってオヤスミナサイ。

「ハウステンボスに行って、ホテルヨーロッパに泊まってきた その4」に続きます。
posted by T's Photo Gallery at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011.11 ハウステンボス旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

ハウステンボスに行って、ホテルヨーロッパに泊まってきた その4

朝食
朝食の会場は1階ロビー中央の「アンカーズラウンジ」で。

アンカーズラウンジ
アンカーズラウンジボス


ビュッフェ台にはパン、シリアル、サーモン、ハム、サラダ、フルーツ、ヨーグルトなどが並んでいます。
品揃えはなかなか豊富ですね。

ビュッフェビュッフェ
ビュッフェビュッフェ


和食も用意されています。きんぴらごぼうに明太子、煮物、冷奴などなど。
卵料理はオーダーすれば熱々のものが出てくるそうですが、私は諸事情あってパス・・。

ビュッフェビュッフェ
ビュッフェビュッフェ


で、選んだのがこちらの品々。美味しく頂きました。

朝食
朝食


ONE PIECE
朝食後は、やっぱり散歩。
フォレストヴィラ周辺は本当にヨーロッパに来たかと錯覚するような雰囲気でした。やっぱりヨーロッパにも行きたい・・・。

フォレストヴィラ
フォレストヴィラ


さて、そんなフォレストヴィラとは打って変わって賑やかな「ONE PIECE」とコラボしたフリーゾーンの一部エリア。前日から気にはなっていたものの「私はいい歳したオッサンだ」というストッパーが働いて、写真を撮ることさえ躊躇しておりました。

でも、もうすることもなくなってきたので解禁です。ガンガン写真撮影してしまいます!

まずは「サウザンド・サニー号」。大人1,000円、小人600円であの「サウザンド・サニー号」でクルーズを楽しむことが出来ます。さすがに乗りませんでしたが。
ミニメリー号(足こぎボート)も楽しそうです。

サウザンド・サニー号ミニメリー号
サウザンド・サニー号ミニメリー号


ハウステンボスグローブ内の「シャボンディハウス」前では麦わらの一味(パネル)、億越えルーキーのトラファルガー・ロー、ユースタス・キッド(フィギュア)、王下七武海バーソロミュー・くま(フィギュア)などのキャラクターと記念撮影ができます。

麦わらの一味トラファルガー・ロー&ユースタス・キッド
麦わらの一味トラファルガー・ロー&ユースタス・キッド


ファンの方はたまらんでしょうなあ。
ついついショップでステッカーを2枚(チョッパー&サウザンド・サニー号)を買ってしまいました。スーツケースに貼ってます。

チョッパーバーソロミュー・くま
チョッパーバーソロミュー・くま


昼食
ハウステンボスでの最後の食事はホテルヨーロッパのフレンチレストラン「デ アドミラル」で。念のため、散歩の前に予約を入れておきました。

この日のメニューは、

小さなお皿のお愉しみ
 ホタテ貝と大根のマリネを重ねて 赤ピーマンのソース添え
 冬野菜と佐世保産メジナのベーニュ ゆず風味
 ヴァニラ香る かぼちゃのスープ

店内ホタテ貝と大根のマリネ
店内ホタテ貝と大根のマリネ


冬野菜と佐世保産メジナのベーニュかぼちゃのスープ
冬野菜と佐世保産メジナのベーニュかぼちゃのスープ


メインデッシュ
 佐世保産寒サワラのロティ ペルシャード風に
 ペンネのグラタン トマト風味を添えて

佐世保産寒サワラのロティとペンネのグラタン
佐世保産寒サワラのロティとペンネのグラタン


デ アドミラル特製のデセール
コーヒー/紅茶

デ アドミラル特製のデセール
デ アドミラル特製のデセール


どの料理もとても美味しく、運河を眺めながらのんびりランチを楽しみました。


これで1泊2日の小旅行は終わり。

久しぶりに訪れたハウステンボスは予想以上に楽しめました。また数年後、訪れてみたいと思ってます。

ホテルヨーロッパ
ホテルヨーロッパ
posted by T's Photo Gallery at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011.11 ハウステンボス旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。