2013年11月05日

0日目 準備(とくに準備もありませんが)

かなり遅い夏休みをとって、ちょっとだけ国内旅行をすることに。

今回は名古屋に宿をとり、滋賀とか岐阜とかに足を伸ばしてみるプランです。
名古屋は仕事でチラッと訪れたことがあるくらい。観光はまったくしてませんので、名古屋観光もしちゃいます。

名古屋マリオットアソシアホテルHotel
宿は「名古屋マリオットアソシアホテル」の一択。
口コミサイトでの評価も高く、また名古屋駅直結という最高のロケーションも魅力です。まあ、その分お値段もお高いんですけどね。

楽天トラベル経由で「デラックスツイン(レギュラーフロア(20〜34階) 38平米)」を予約しました。

観光
名古屋市内は適当にプラプラする予定。名古屋城、ナゴヤドーム、あとは水族館くらいでしょうか。
あと「ひつまぶし」くらいは食べておきたいとこ。

滋賀は琵琶湖のほとり、長浜で器屋さんと海洋堂フィギュアミュージアムに行く予定。
岐阜は栗きんとんを求めて中津川、時間に余裕があれば多治見にある器屋さんにも足を伸ばしてみようかと。


1日目長浜長浜観光
2日目中津川中津川&名古屋観光
3日目名古屋名古屋観光&名古屋発

旅行の日程は表のとおり。






posted by T's Photo Gallery at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013.10 名古屋旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

1日目 長浜 その1

長浜
最初の目的地は、滋賀県の長浜。東京駅から新幹線「ひかり」に乗り、米原駅でJR北陸本線に乗り換えて向かいます。

東京駅にて自由席を2席購入し、ホームへ。9:33発の新幹線に乗り込み約で無事、長浜に到着。
まー、なんというか可愛らしい駅です。

長浜駅
長浜駅


まずは器屋さん「季の雲(ときのくも)」へとのんびり歩いて向かうことにしました。
駅を出たらひたすら東を目指します。途中、なんだかおかしな建物(長浜タワービル)があったり、ホワイト餃子のお店があったりします。

長浜タワー茶しん ホワイト餃子
長浜タワー茶しん ホワイト餃子


歩き始めて30分、嫁がべそをかき始めたころようやく到着です。


季の雲
コンクリート打ちっぱなしのモダンでおしゃれな外観。

季の雲
季の雲


中に入ると天井が高く広々した空間が広がっていました。なかなか素敵な雰囲気で胸が躍ります。

季の雲
季の雲


いろんな作家さんの器のほか、「福田養蜂場」の蜂蜜、「田中農場」の白ねぎドレッシングなども並んでいました。

2階にはアンティーク雑貨が所狭しと飾られています。

季の雲季の雲
季の雲季の雲


いろいろ悩みましたが、好みのサイズのお皿に出会うことができず、残念ながら収穫はゼロでした。
(その後、水道橋の「千鳥」で今野安健さんのお皿を買っちゃったんですけど。)

そろそろランチタイムということで、お次は「季の雲ゲストハウス」に併設されているレストランへと向かいます。ギャラリーからは徒歩で20分。

外観は古い街並みに溶け込む蔵構えですが、店内は明るくモダンな雰囲気です。
早速、ランチメニューをオーダー。

季の雲季の雲
季の雲季の雲


前菜は生ハムのサラダ。

季の雲
生ハムのサラダ


メインは豚肉料理。

季の雲
豚肉料理


デザートはムースとフルーツ。
どれも美味しくいただきました。

季の雲
ムースとフルーツ



海洋堂フィギュアミュージアム黒壁
お次はチョコエッグで有名となった「海洋堂」が製作したフィギュアが展示されている「海洋堂フィギュアミュージアム黒壁」へ。
入り口にはケンシロウと大魔神が仁王立ち。

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁
海洋堂フィギュアミュージアム黒壁


その昔、ムーミンの形をしたビスケットに、海洋堂が製作したミニヴィネットがおまけで付いた「ムーミンズランチ」にはまった時期があるので、ちょっと楽しみです。

入場料を払うとコインをもらえます。このコインで入り口横に設置されているガチャガチャを1回楽しめるという訳ですね。
ガチャガチャは何種類かありますが、私たち夫婦は「ペンギンズランチ」シリーズをチョイス。で、出てきたのは・・・「キングペンギン」と「イワトビペンギン」。

階段を上りミュージアムへ。
大きなレッドドラゴンが出迎えてくれます。

海洋堂フィギュアミュージアム海洋堂フィギュアミュージアム
2階がミュージアムレッドドラゴン


ミュージアム内には多くのフィギュアが展示されています。

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁
海洋堂フィギュアミュージアム黒壁


こちらは「モンスターハンター」と「アリスのティーパーティー」。
モンスターハンターは卵を抱えたハンター達がリオレウスから逃げている場面ですね。

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁海洋堂フィギュアミュージアム黒壁
モンスターハンターアリスのティーパーティー


「北斗の拳」から等身大のケンシロウとユリアです。

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁
ケンシロウとユリア


お次も「北斗の拳」から。「北斗四兄弟」と「南斗六聖拳」。
これはホントに胸が熱くなります。

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁海洋堂フィギュアミュージアム黒壁
北斗四兄弟南斗六聖拳


「グレートマジンガー」、「ゲッターロボ」、「ウルトラマン」なんかも展示されています。

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁
海洋堂フィギュアミュージアム黒壁


この他にも昆虫、魚、恐竜などなどいろんな種類が展示されているので、フィギュア好きな方でなくても楽しめるミュージアムになってます。

1階にはミュージアムショップもあり、フィギュアを購入することも可能です。

海洋堂フィギュアミュージアム
ミュージアムショップ


さてミュージアムを出て、街を少しだけプラプラ。特に予定がなくなってしまったところで、

 嫁「彦根城に行ってみたい」

ということで、彦根城に行ってみることに。
しかしその前に、ちょっとだけでも琵琶湖も見ておきたいので、ダッシュで駅の反対側にある「豊公園」へ。写真を撮ったらまたまたダッシュで駅へと戻り電車に飛び乗りました。

琵琶湖
琵琶湖



彦根城
長浜駅からJR北陸本線で約20分、彦根駅に到着です。

駅前の大通りを進み、チラッとだけ城を見たら帰るつもりだったのですが、どんどん欲が出て結局、「天守閣」まで上ってみることに。

彦根城は別名「金亀城」とも呼ばれ、徳川四天王「井伊直政」の長男「井伊直継」によって築城された城です。
天守は創建当時のまま保存されており、国宝に指定されています。

彦根城
彦根城・・・遠すぎる


表門で入場券を購入したところで、

 係りのおじさん「閉館まで時間がないから、天守だけしか観れないよ」

とのこと。

どうやら「玄宮園(げんきゅうえん)」を観る時間がないということらしいですが、天守だけで十分です。急いで天守閣へ。

ひたすら石段を登ると「天秤櫓(てんびんやぐら)」と「廊下橋」が見えてきました。

彦根城
天秤櫓と廊下橋


しかし天守はまだまだ先。嫁の尻を押しながら頑張って歩き、ようやく到着です。

彦根城
天守


閉館間近ということもあって、貸切状態の天守。
3階建てでやや小ぶりではありますが、ここまで登ってくるだけでそこそこ疲れている私たちにとっては嬉しいかぎり。
ちょっと急な階段を上り3階からの景色を楽しみました。

彦根城彦根城
眺望眺望


帰りは大手門から出て、お堀の周りを散策。いい雰囲気です。

彦根城
お堀の周り


ちなみに、ひこにゃんは時間があわず会えませんでした。
電車の時間を気にしつつ駅へと戻る途中、

 「こっちから良い写真が撮れるよ。」

と声をかけていただいた和菓子屋さん「さわ泉」で団子を買ってお腹を満たしました。

すこし疲れていたので、米原駅で新幹線に乗り換えて名古屋へと戻ります。

「1日目 長浜 その2」に続きます。


[本日の訪問地]
ラベル:名古屋 長浜
posted by T's Photo Gallery at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013.10 名古屋旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

1日目 長浜 その2

旅行1日目の続きです。(彦根から名古屋へ戻るところから)

名古屋マリオットアソシアホテル
新幹線に乗ること約30分。無事、名古屋に到着です。

今回の宿は名古屋駅直結の「名古屋マリオットアソシアホテル」です。

駅直結なので何処に行くにも非常に楽チン。また百貨店「ジェイアール名古屋タカシマヤ」が隣接しているのも便利です。
エレベーターで15階へ向かい、フロントレセプションへ。

混んでいる時間帯ではなかったので、待つことなくチェックイン。部屋へと向かいます。

部屋はレギュラーフロア(20〜34階)のデラックスツイン。38uですので広くはありませんね。
スタンダードだと35uになります。

名古屋マリオットアソシアホテル
デラックスツイン


ベッドの向かい側にテレビとデスクがあります。
有線、無線ともにLAN環境は用意されていますが、どちらも有料。ちなみにコンシェルジュフロアは無料だそうで。

名古屋マリオットアソシアホテル
デラックスツイン


特にリクエストをしていないのに加湿空気清浄機が準備されていました。これは嬉しい。

名古屋マリオットアソシアホテル
加湿空気清浄機


バスルームは洗面台を挟んでバスタブとシャワーブース、トイレがあるつくりになってます。
シャワーブースとバスタブが離れているのはあまり好みじゃありません。

名古屋マリオットアソシアホテル
バスルーム


こちらはアメニティ。スタンダードとの違いはスキンケアセット(メンズ・レディース)があるくらい。
コンシェルジュフロアになると、バスソルトやマウスウォッシュなんかもつくそうです。

名古屋マリオットアソシアホテル
アメニティ


高層階ではありませんが、なかなか良い景色。
遠くに名古屋城も見えます。

名古屋マリオットアソシアホテル
窓からの眺望


煮込うどん・・・
お腹も空いてきたので、そろそろ夕食。
名古屋の最初の食事は、名物「煮込みうどん」をいただこうかと。
事前に調べておいたお店は「山本屋本店」と「山本屋総本家」ですが、ホテルからだと「山本屋総本家」の方が近そうです。

JRセントラルタワーズレストラン街13階へと向かいます。

山本屋総本家
山本屋総本家


私は「かしわ煮込うどん」、嫁は「普通煮込うどん」を注文。
待つことしばし、お待ちかねの煮込うどんが運ばれてきました。

山本屋総本家

煮込うどん


早速頂きましたが、うーん、どうにも太くて硬い麺は「生煮え」って感じがしますし、八丁味噌は辛すぎて・・・残念ながら私たちの口には合いませんでした・・・。

まあ、こんなこともあります。

ゆっくりとお風呂に入って、疲れをとってから、オヤスミナサイ。

[本日の訪問地]


ラベル:名古屋 長浜
posted by T's Photo Gallery at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013.10 名古屋旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

2日目 名古屋 その1

名古屋城へ・・・
2日目です。

朝食がついていないプランだったので、パパッと身支度を済ませ部屋を出ます。

特に予定もないので、とりあえず地下鉄に乗って「名古屋城」へ向かうことに。

地下鉄の初乗り料金は200円。意外とお高いのですが、一日乗車券だと740円、さらに土日・休日のみ利用できる「ドニチエコきっぷ」だと600円で一日乗り放題になるので、乗車回数によってはこれらを利用するのが賢いかと。
まー、私たちは賢くないので普通に乗車券を買ってしまったり、土曜なのに一日乗車券を買ってしまったりしましたが・・・。
さて、名古屋城の最寄り駅は「市役所駅」。名古屋駅からだと1回乗り換えで、約20分ほどの距離ですね。

地下鉄
地下鉄


通勤ラッシュの電車に揺られながら市役所駅に到着。ここからは徒歩で名城正門を目指します。
10分ほどで無事到着したものの、開園時間(9:00)

ただ開園時間を待っているのも勿体無いので、「ナゴヤドーム」にでも行ってみることに。
ということで来た道をトボトボと戻りながら、昨日彦根の和菓子屋さん「さわ泉」で買っておいたべっぴんどら焼きを食べたのでした。

どら焼き
べっぴんどら焼き


市役所駅から再び地下鉄に乗り、ナゴヤドームの最寄り駅「ナゴヤドーム前矢田駅」へ。
駅改札からナゴヤドームへ向かう地下通路には中日ドラゴンズの球団史、選手名鑑、優勝シーンなどが展示された「ドラゴンズロード」となっています。
野球は全然観ないので、知っている選手が全然いませんね。かろうじて知っているのは谷繁くらい・・・。

ドラゴンズロードドラゴンズロード
ドラゴンズロードドラゴンズロード


5分ほど歩いて、ナゴヤドームに到着。中に入れるわけでも無いので、記念撮影だけしておきました。
でかいですねー。野球はほんとに観ないので感想もあまり出てきません・・・。

ナゴヤドーム
ナゴヤドーム


近くのイオンモールでお土産探し。
お目当ての「しるこサンド」を見つけたので、ばら撒き用に大量に購入して、名古屋城へと戻ります。

名古屋城
金の鯱で有名な名古屋城は、徳川家康によって1609年に築城され、尾張徳川家17代の居城として利用されました。
1945年の名古屋大空襲により消失しましたが、1959年に天守が復元され、現在は本丸御殿の復元工事が行われています。

名古屋城
名古屋城


観覧料500円を払ったら、西之丸を通って、本丸を目指します。

名古屋城名古屋城
本丸御殿本丸御殿


天守に上る前に、まずは2013年5月に公開されたばかりの本丸御殿玄関・表書院を見学。
檜の良い香りに、豪華賢覧な竹林豹虎図。尾張藩主の住まいだけあって贅沢な造りですね。

名古屋城
本丸御殿


今回観たのは本丸御殿全体の3分の1。2016年には第2期として対面所などが、また2018年には第3期として上洛殿などが公開される予定となっています。

名古屋城名古屋城
本丸御殿本丸御殿


続いて天守へ。
まず驚かされたのが、天守に屋外エレベータが設置されていること。
天守とエレベータは全くマッチしていませんが、バリアフリーが進んでいることに感心させられました。

名古屋城
天守


小天守を通って、大天守・・・天守中にもエレベータが・・・。
ホント、バリアフリーが進んでいますね。5階までですが、エレベータで上ることが出来ます。

名古屋城名古屋城
金鯱7階 展望室


かなり広い天守内の各階には、鎧、兜、刀や実物大の金鯱などが展示されていました。
最上階の7階は展望室となっており、おみやげ物屋さんも・・・。いや、まーー、うーーーーん。

名古屋城
展望室からの眺望


ちなみに城内では「おもてなし武将隊」と呼ばれる、名古屋にゆかりのある6人の武将が観光客の出迎え、観光案内、記念撮影をしていたりするので、運がよければ会えるかと。

さて、そろそろ小腹が空いてきました。

「2日目 名古屋 その2」に続きます。


[本日の訪問地]


ラベル:名古屋
posted by T's Photo Gallery at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013.10 名古屋旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

2日目 名古屋 その2

旅行2日目の続きです。(小腹が空いてきたところから)

天むす千寿
昼ごはんは名古屋名物のひとつ「天むす」。
大津通にある「天むす千寿」が目当てのお店です。

地下鉄に乗って上前津駅へと移動します。駅からは徒歩で5分ほどの距離。

有名店ですがこじんまりとした佇まいのお店ですね。
店内ではおばちゃん4人が慣れた手つきで天むすを握っていました。

千寿千寿
天むす千寿店内


お持ち帰りもありますが、今回はできたてを店内でいただくことに。
あとで気づいたのですが店内で食事が出来るのは12:00-14:00の間だけのようです。

待つことしばし、1人前5個(670円)の小ぶりな天むすがやってきました。

千寿
天むす


できたてあつあつの天むすは本当に美味しい。海老はもちろんプリプリ、塩加減、握り加減も良い塩梅で、やみつきになる美味さです。
付け合せのきゃらぶき(ふきの佃煮」)も非常に良く合います。
ペロッと完食してしまいました。ここはリピートしたいお店ですね。

栗きんとん
午後は栗きんとんを求めて、中津川へ。中津川は栗きんとん発祥の地だそうで。
名古屋からは特急電車で約50分となかなか遠いので、ちょっと躊躇しましたが、せっかくなんで行ってみることにしました。
13:00発の特急しなのに飛び乗ります。

名古屋駅特急しなの
名古屋駅特急しなの


車窓を流れる景色を眺めながら電車に揺られ中津川に到着です。

中津川には多くの和菓子屋がありますが、その内14店舗は駅前の観光センター「にぎわい特産館」に出店しています。
各店舗を回らずにいろんなお店の栗きんとんを購入できるのはとっても助かります。

中津川観光センター にぎわい特産館中津川観光センター にぎわい特産館
にぎわい特産館館内


各店の栗きんとんをひとつずつ詰め合わせた「栗きんとんめぐり」もありますが、私たちはバラ売りコーナーで全てのお店の栗きんとんを2つずつ購入しました。大量に。

中津川観光センター にぎわい特産館
栗きんとん バラ売りコーナー


続いて駅から徒歩5分の距離にある、栗きんとんの元祖と言われる「すや」へ。
趣のある落ち着いた店構えです。
こちらでも栗きんとんを2個購入。トータル30個の栗きんとん・・・。

すや
すや


名古屋へ戻る電車の時刻を確認し、ふたたび「にぎわい特産館」でお土産探しです。
栗きんとんを作る際に鍋の底にできる「栗おこげ」を追加で購入。

1時間ほどの滞在で中津川を後にしました。

ホテルに戻り、とりあえず栗きんとんを積み上げてみました。

栗きんとん
栗きんとん


しばらくは栗きんとん三昧の日々が過ごせそうです・・・。
で、早速おやつタイムにして2個ほど食べてみることに。
とりあえず2個ほどいただきましたが、口に広がる栗の香りと控えめな甘さ、どちらも非常に美味しくいただきました。
(いっぱい食べ過ぎて、何処の栗きんとんがどんな味だったか覚えてません・・・)

ひつまぶし
ホテルで少し休憩してから、タカシマヤをぷらぷらして暇つぶし。
で、夕食は名古屋名物の「ひつまぶし」をいただきます。

地下鉄で移動し、松坂屋にある老舗「あつた蓬莱軒」へと向かいます。

あつた蓬莱軒あつた蓬莱軒
あつた蓬莱軒召し上がり方


ひつまつぶし(3,100円)を待つ間に、召し上がり方をチェック。

 準備  : おひつのご飯に十文字のすじをいれて、一こまずつに分ける
 一膳目 : そのままうなぎの味を
 二膳目 : 薬味を入れて
 三禅目 : お茶づけに
 最後  : お好きな方法で

よだれが出そうになってるところで、お待ちかねのひつまぶしが運ばれてきました。

あつた蓬莱軒
ひつまぶし


さきほど予習したとおり、一膳目はそのまま。表面はカリカリ、中はふわふわでホントに美味しい鰻です。
続いて、薬味を入れて二膳目。ネギ、ワサビ、のりの風味がうなぎに良く合います。
そして三膳目はお茶漬けであっさり。
どれも甲乙つけがたい美味さです。

最後に残った1こまを更に2つに分け、薬味入りとお茶漬けでいただきました。
大満足のひつまぶし初体験でした!

夜の名古屋をぷらぷら散歩して、お風呂に入って、オヤスミナサイ。

名古屋マリオットアソシアホテル
名古屋マリオットアソシアホテル



[本日の訪問地]


ラベル:名古屋
posted by T's Photo Gallery at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013.10 名古屋旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。