2017年05月24日

アスコット丸の内東京 その1

東京駅近辺で1泊することとなり、探し当てたのが2017年3月30日に開業したばかりのサービスレジデンス『アスコット丸の内東京』。
シンガポールに本社を置くアスコット社が展開する3つのブランド(『アスコット』『サマセット』『シタディーン』)の最上級ブランドです。

1泊ですのでサービスレジデンスの良さを堪能することは出来ないかもしれませんが、新しさと惹かれて38平米のスタジオタイプのお部屋を思い切って予約しました。


チェックイン
大手町駅直結とは言え利用する路線によっては5分程度歩くことになる立地です。
C6a出口からエスカレータで地上へ、ビル内を通ってホテルのエントランスへと向かいます。レセプション・ロビーは22階でエントランスにはホテルの方は常時いないようです。

エントランス

アスコット丸の内東京
エントランス


ロビーは22階、高級感がひしひし漂っています。
あまり広くはありませんが、その分天井を高めにし大きな窓を設け、開放的なつくりに仕上がっています。

平日の14:00頃に到着しましたが、私たちの他にお客は見当たりませんでした。

ロビー
ロビー


レセプションには椅子があり座ってチェックインの手続きができました。
担当してくれたのは初々しさの残る外国人スタッフ。ややたどたどしい日本語でしたがとても丁寧で一所懸命な姿が好印象です。

予約時にリクエストするのを忘れていたので、禁煙ルームか念のため確認したところ『全館禁煙』でした。
これは助かります。

レセプション
レセプション


ラウンジには新聞、コーヒー・お茶が準備されています。
少し隣のテーブルとの距離が近すぎる気が・・・。

ラウンジ
ラウンジ


ラウンジからはテラスへ出ることが出来ます。
丸の内のど真ん中ですので、眺望はイマイチですが気持ちのいい空間です。


テラス
テラス


それでは部屋へと向かいます。

続きます・・・



posted by T's Photo Gallery at 14:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 2017.5 アスコット丸の内東京宿泊記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

アスコット丸の内東京 その2

ゲストルーム
今回宿泊したのは38平米のスタジオタイプの部屋。二人で泊まるには十分な広さがあります。
サービスレジデンスですのでキッチンや洗濯乾燥機、冷蔵庫などこの部屋に住むための設備が揃っています。

間取りは下図のとおり。
間取り


出来たてほやほやですので全てが新しく、また落ち着いた雰囲気。

ダブルベッドと丸テーブル。若干ですが配置が窮屈な感じです。
丸テーブルはあまり大きくないので仮にキッチンで料理をしたとしても、あまり並べることは出来ないのではないでしょうか?

ベッドルーム


ベッドルーム


ベッドの両サイドにライトのスイッチとコンセント×1&USB給電口×2(これは意外と便利)があります。

ベッドルーム


TVはSONY製で壁に掛けられています。その下にはBOSE製のスピーカー。

ベッドルーム


TV下のボードがデスクになっています。
デスクの奥は窓があるので、すこしだけ解放感が感じられます。

ベッドルーム


デスク横にはコンセント×2&USB給電口×2、LANポートがあります。
コンセントの1つには海外からの旅行者用に変換プラグが差し込まれていました。
またLANケーブルも用意されています。無線(Wi-Fi)、有線ともにインターネット接続は無料です。

ベッドルーム


窓からは皇居を眺めることが出来ました。部屋の向きによっては丸の内のオフィスビル群を眺めることもあるようです。

眺望


続きます・・・

posted by T's Photo Gallery at 18:22| Comment(0) | 2017.5 アスコット丸の内東京宿泊記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

アスコット丸の内東京 その3

アスコット丸の内東京のお部屋レビューの続きです。

間取りは下図のとおり。
間取り


キッチン
続いてはサービスレジデンスならではの設備、キッチンです。

スタジオタイプの部屋では部屋に入るとすぐの場所にキッチンがあります。
当たり前ですが出来たてほやほやなので、とても新しく綺麗です。

キッチン


なかなか広々としたキッチン。調理スペースもちゃんとあります。

キッチン


スタイリッシュなシンク。蛇口は2個。

シンク


シンク下の引き出しに調理器具が収められています。
下の引き出しにはフライパン大・小、ソースパン、ざるとボールがあります。

キッチン


上の引き出しには包丁×2、ミトン、鍋敷き、木べら、フォーク、ナイフ、スプーン、おはしが収められています。

キッチン


IHクッキングヒーターは2口。ドイツの電機メーカーAEG製です。

IHクッキングヒーター


IHクッキングヒーター下には同じくAEG製のオーブンがあります。その隣の食器洗い機ももちろんAEG製。

オーブン横の縦長の引き出しにはキッチンはさみ、フライ返し、トング、お玉、ワインオープナーが収められています。

キッチン


食器類はキッチン上の吊戸棚に。

キッチン


T-falの電気ケトルとNespressoのコーヒーメーカー、カプセル×4もあります。

キッチン


冷蔵庫はキッチンの右下にありました。こちらもAEG製。
中身は空っぽです。

冷蔵庫


キッチン周りの設備はかなり充実している印象です。
私たちはNespresso以外ほとんど使いませんでしたが、自分で料理をしたい方にはおススメのホテルですね。

続きます・・・

posted by T's Photo Gallery at 15:31| Comment(0) | 2017.5 アスコット丸の内東京宿泊記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

アスコット丸の内東京 その4

アスコット丸の内東京のお部屋レビューの続きです。

間取りは下図のとおり。
間取り


クローゼット
バスルームのドアの右側にクローゼットがあります。それほど大きくはありませんが、1週間程度の滞在であれば十分でしょうか?


クローゼット



クローゼットの中にはセキュリティボックス、アイロン(東芝製)&アイロン台、バスローブが用意されています。


セキュリティボックス アイロン


バスルームのドアの右側にはドラム式の洗濯乾燥機(Panasonic製)。
洗濯用洗剤もちゃんと用意されています。

洗濯機


バスルーム
バスルームをのドアを開けると洗面台。鏡が大きいのは良いですね。

バスルーム


アメニティにはL'OCCITANE(ロクシタン)のヴァーベナシリーズ。柑橘系の香りで男女ともに人気のある香りだそうで。

アメニティ


洗面台の隣にバスタブがあります。写真では隠れているのでわかりませんが、シャワーもあります。
バスタブの横の壁がガラス張りになっている部屋もあるそうです。あんまりメリットを感じませんが・・・。

バスルーム


そしてトイレです。丸見えになっちゃうタイプです。

バスルーム


スタジオタイプの部屋は38平米ありますが、キッチンスペースをしっかりととっているため他のスペースはやや狭くなっているような印象。また大手町駅からは近いのですが、東京駅からだと10分以上離れているのでロケーションが抜群とは言えません。

サービスレジデンスならではの設備(キッチンや洗濯乾燥機等)に魅力を感じる方向けの宿泊施設です。
東京駅周辺にはホテルが多いので、残念ながら再訪することは無い気がしています。

posted by T's Photo Gallery at 15:33| Comment(0) | 2017.5 アスコット丸の内東京宿泊記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

ザ・ペニンシュラ東京 その1

東京駅〜有楽町駅界隈で1泊の宿探し。一度は泊まってみたかった『ザ・ペニンシュラ東京』に泊まってきました。
今回はホテル開業10周年記念のスペシャルオファー価格で、スーペリアルームを予約。

外観


チェックイン
ザ・ペニンシュラ東京は皇居外苑に面しており、地下鉄日比谷駅・有楽町駅からは直結、また有楽町・銀座界隈が徒歩圏と言う絶好のロケーションです。

エントランス


(私たちは地下鉄からのアクセスでしたが)正面玄関から入ると目に入るのが巨大なオブジェ『臥龍の門』とコンチネンタルダイニング『ザ・ロビー』。

ロビー


この『ザ・ロビー』、雰囲気は良いのですが空間が狭く、また導線上にあるので少し落ち着かない感じがしますね。

ロビー

ロビー


レセプションもこぢんまりとしてます。
とは言え写真を並べてみると、やっぱり高級感があるような・・・。

レセプション


少しだけ待ってチェックインしたら部屋へと向かいます。

続きます・・・

posted by T's Photo Gallery at 14:31| Comment(0) | 2017.5 アスコット丸の内東京宿泊記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。