2007年07月28日

0日目 準備(やっぱり、ヨーロッパだよなあ・・・)

去年はタイに行きましたので、今年はやっぱりヨーロッパに行きたい!ということで、どこに行きましょうか?候補地としてはフランス、スペイン、イギリス、北欧、中欧のどこか・・・といった感じ。
いろいろと悩んだ末・・・・・・・・チェコ&オーストリアに決定!チェコはユーロが導入される前(導入されると物価が上がるという想定で)に行っとくのがいいかなあと、オーストリアはカフェ巡りが目的です。
今回も「旅 2006年6月号」でおベンキョーです。

で、いつもどーりの準備です。

嫁に希望をだしてもらって、実務は私・・・といういつものスタイル。

ANA飛行機
飛行機のチケットはH.I.S.他でいろいろ探して見たものの、結局全日空で購入。ムキョーってなるくらいお高いです。トホホ・・・。
往路はフランクフルト経由でプラハへ向かい、プラハからウィーンは鉄道で移動、復路はウィーンからの直行便です。


列車鉄道
プラハ-ウィーン間は鉄道での移動ですが、切符は現地で買った方が安そうだったので、時刻表だけ調べておきました。時刻表はドイツ鉄道(DB)のサイトを利用。チェコ鉄道(CD)のサイトには英語版がないと思ってたんですが、ありました・・・ココです。(当然、検索結果は同じですが)


ホテルHotel
Hoteはインターネットで検索。今回の予算は2万円ですが、チェコ&オーストリアだったら四ツ星以上も狙えます。
チェコ(プラハ)での候補は、まずデザイナーズホテルっぽい「La Boutique」、一応五ツ星の「Hotel Esplanade Prague」、近くにTESCOがある「andel's Suites Prague」。
オーストリア(ウィーン)での候補は、全室スイートの「STARLIGHT HOTEL」、貴族の屋敷を改築した「Radisson SAS Palais, Vienna」(五ツ星)。
荷物を持っての移動がなるべく楽になるよう、ロケーション重視で考えて・・・「Hotel Esplanade Prague」と「STARLIGHT HOTEL」に決定!
予約の際、利用したサイトは「楽天トラベル」と「JHC」。JHCは宿泊日の直前にならないとホテルへ宿泊者の情報を伝えないらしく、1週間前にホテルへ直接予約の確認をしたところ、「Unfortunately we have no reservation on your name.......」と返事が来て、少々あせりました(まあ、JHCに連絡したらすぐに対応してくれたんですけど)。


Globe Trotter荷物
今回、新たに仲間に加わった荷物は、「休足時間」と「赤ちゃん用おしりふき」!!「休足時間」で足の疲れを夜の間に解消させたくて、「おしりふき」は海外のホテルだとウォシュレットがないとこが多いので・・・。
スーツケースは大小2つ。大は12Kg、小は8Kgで出発です。


1日目Pragueチェコ着
2日目PraguePrague
3日目PraguePrague
4日目Prague移動日(ウィーンへ)
5日目ViennaVienna
6日目ViennaVienna
7日目ViennaVienna
8日目Viennaオーストリア発
旅行の日程は表のとおり。

プラハ、ウィーンって英語通じるんだっけ?大してしゃべれないから、いいけど。






posted by T's Photo Gallery at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007.7 チェコ&オーストリア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

1日目 Narita(成田)〜Prague(プラハ)

成田空港
成田空港
出発
去年のタイ旅行は寝坊してヒヤヒヤしたもんで、今年は目覚まし時計を2個セットして予定通り起床、成田空港へ予定通り到着(スバラシイ)。
嫁は早速免税店で化粧品を購入。とはいえEU内での乗り継ぎがあるので、100ml以下でジップロックに入る数しか買えませんでしたが(成田空港の免税店ではジップロックが用意されてます)。
この日のフライトスケジュールは・・・
・成田→フランクフルト(NH209) 12時間
・フランクフルト→プラハ(LH3264) 1時間
12時間・・・やっぱりヨーロッパは遠いですねえ。

機内
今回は航空券購入時に座席指定をしていたので、嫁と私は隣同士(通路側)。2時間ほど寝てあとはずーーっと映画を見てました。機内食は残念ながら「すき焼き風ごはん」がなくなってしまっていたので「海の幸のクリームソースとターメリックライス 」に。ホワイトソースが苦手な私にはハードルが高すぎました。しかし2度目の食事(軽食)も、ターメリックライスっていったい・・・。
ANAのサービスはいたって普通でした。エコノミークラスはアメニティなしです。

食事 その1食事 その2ルフトハンザ航空
食事 その1食事 その2ルフトハンザ航空

12時間かかってフランクフルト・マイン国際空港に到着。乗り換えついでに空港内を散策し、早くもイギリス大衆紙「The Sun」売店で発見!即、購入。私にとっては「旅行=The Sun」ですから。手荷物検査で、液体物を捨てられる人々を眺めながら時間をつぶし、いざルフトハンザ航空に乗り込みます。
席は一番後ろの通路側!
座席
確かに通路側を希望してたけど・・・なんだこれ?

ここまで一睡もしていなかった嫁はようやく寝ました。

ミニバス
ミニバス
いざホテルへ
フランクフルトから1時間でプラハ・ルズィニエ国際空港到着。入国審査はまったく何にも聞かれず、ハンコ押されて無事通過。ここで1万円換金。
空港からのプラハ市内への移動手段は、
・路線バス
・ミニバス
・タクシー
私が選んだのは「ミニバス(CEDAZ社)」。ホテルの前まで行ってくれのでヒジョーに楽な交通手段ではないでしょうか(タクシーはぼったくられるのが怖いので)。空港から出ると「ミニバス」の係員が待ち構えてますので行き先を告げ、ミニバスに乗り込みました(タクシーも待ち構えてますけど)。嫁と二人で480CZK。荒い運転に耐えつつ30分ほどでホテルに到着。
ミニバスの運転手が「INFORMATION ABOUT RETURN TRANSFER」なるカードを降りるときにくれました。それによると帰りは、
 1〜4名:399CZK
 5〜8名:799CZK
と若干お安くなるようです。

Hotel Esplanade Plague
Hotel Esplanade Plague
Hotel Esplanade Prague
なかなかこじんまりした感じの5ツ星ホテル「Hotel Esplanade Prague(ホテル・エスプラナーデ・プラハ)」。
ロケーションは文句なし。MetroのHlavni nadrazi駅(Line C)とMuseum駅(Line A、Line C)が徒歩圏内(5分弱)です。エントランス、レストラン、カフェはヨーロッパらしい雰囲気で満点。

部屋は十分な広さで、ケーブルテレビ、ミニバー、ドライヤーそして
エアコン付きです。やや古いホテルですが水回りはしっかりしてます。

ちょっとばかし気になった点は
・部屋にゴミ箱がない
・金庫が有料
・はみがき、リンスがない
といったところでしょうか。

まだまだ外は明るいので、ちょっと散歩でもと思ったのですが、嫁がダウンしてたので断念。

で、のんびり風呂につかって疲れを取ったら、オヤスミナサイ。
posted by T's Photo Gallery at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007.7 チェコ&オーストリア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

2日目 Prague(プラハ)

朝食
朝食
朝食
2日目、プラハ観光のスタート日です。
昨夜は疲れていたので早々に床につきましたが、このホテル古いだけあって天井がミシミシときしみます。上の階の人が歩く音で嫁は目が覚めてしまったそうで(かわいそうに)。

朝食(ビュッフェ形式)は5ツ星だけあってなかなかおいしゅうございました。メニューはベーコン、ソーセージ、ハム、焼きトマト、チーズ、パン、フルーツなどなどといたって普通なんだけど、種類が豊富でテンション上がります。紅茶はリプトンのティー・バッグでしたが。

Praha Hlavni Nadrazi
Praha Hlavni Nadrazi
プラハ城へ
観光スタートの前に、ウィーンまでの切符を買いにPraha Hlavni Nadrazi(プラハ・中央駅)へ。
Praha Holesovice(プラハ・ホレショヴィツェ駅)→ Wien Suedbahnhof(ウィーン・南駅)の料金は列車料926CZK、座席指定料203CZKで合計1,129CZKでした。窓口では英語が通じますが念のため乗りたい列車をドイツ鉄道(DB)のサイトなどで検索、プリントアウトして持っていくと安心です。窓口はたくさんありますが、列車の種類によって場所が変わるので注意が必要です。

無事切符が買えたので、観光スタート。まずは「プラハ城」へ向かいます。地下鉄の1日乗車券(80CZK)を購入したら、改札にある打刻機に乗車券を差し込んできちんと打刻してからホームへ。プラハの地下鉄は意外と新しいですね。Malostranska駅(Line A)で下車しいざプラハ城へ!

券売機改札地下鉄
券売機改札地下鉄

道路の標識を頼りに進み、ながーい階段をひたすらのぼり着いたところはプラハ城の裏口・・・旧登城道をのぼってきちゃったみたいです。予定がかるーく狂いましたが、まぁ観るものが変わるわけでもないので気にせずプラハ城に入城!
こんな私ですが「黄金の小路はどこですか?」と外国人旅行者に尋ねられたら、一生懸命ガイドブック片手に教えてあげたりもします。
まずはチケット売り場(黄金の小路手前の売店)へ。ちなみにプラハ城内は入場無料で、建築物に入るのにチケットが必要となっています。今回はドーンと350CZKのLong Tourのチケットを購入。Short Tourは250CZK。チケットの詳細はこちら

Golden Lane
Golden Lane(黄金の小路)
早速かつて錬金術師たちが住んでいたとされる、「Golden Lane(黄金の小路)」へ。まあ、土産物屋の通りですね。そうですか、これで金とりますか。テンションさがりまくりです。

続いて「St George's Basilica(聖イジー教会)」へ。ロマネスク様式の教会でみどころは天井のフレスコ画らしいです。ちょっとだけテンションあがりました。
「Old Royal Palace(旧王宮)」はヴラディスラフ・ホールとバルコニーからの眺めがみどころ。テンションは微妙にあがりました。
「Prague Castle Picture Gallery(プラハ城内国立美術館)」「National Gallery(王宮美術館)」は・・・時間に余裕があれば見学してみてはいかがでしょうか。
と、ここまでがLong Tourのチケットが必要な建築物。350CZKの価値があるとはとても・・・250CZKのShort Tourで十分かと。

St George's BasilicaOld Royal PalaceOld Royal Palace
St George's Basilica(聖イジー教会)ヴラディスラフ・ホール Old Royal Palaceからの眺め

で、一番楽しみにしていた「St Vitus Cathedral(聖ヴィート大聖堂)」はあまりにも行列が長すぎて、この日は断念することに。明日、朝一に再チャレンジです。新登城道を下って次の目的地(カフェ)へ。

kaficko
喫煙率の高いチェコでは禁煙or分煙のカフェ・レストランを探すのが大変ですが、嫁がしっかりと調べていたリストを元に「kaficko(カフィチコ)」へ向かいます。
ランチの時間だったので客は私と嫁の二人だけ。なかなか落ち着いた雰囲気の店です。私はのどが渇いていたのでビール、嫁はハニーケーキとアイスティーをオーダー。

・ビール 美味い!
・アイスティー 意外と美味い!
・ハニーケーキ 素朴な感じ。甘さ控えめで非常に美味い!!
というわけで、大満足。
嫁曰く「トイレも綺麗だった」そうです。

kafickokafickokaficko
kaficko(禁煙)絶品のハニーケーキ kafickoの外観

カレル橋
カレル橋の塔
では観光
カフェで休憩したら「旅 2007年1月号」を参考にアンティークショップをちらほら見学(収穫はなし)。
それからプラハ一の観光スポット、ヴァルタヴァ(モルダウ)川にかかるカレル橋へ向かいます。カレル橋はヨーロッパに現存している最古の石橋です(1357年着工、1400年完成)。
橋上はたくさんの観光客、露店、パフォーマーでにぎわってました。橋の両脇に建つ聖人像にテンションが上がる私、暑さにやられバテバテの嫁。しょーがないので嫁を陰に放置して撮影タイムを満喫しました。

カレル橋カレル橋カレル橋
にぎわってますパフォーマーヴァルタヴァ(モルダウ)川

続いて旧市街広場でも嫁を木陰に放し飼いにして、一人で撮影タイム。満足、満足。でもヤン・フス像は修復中でした(ここだけ残念)。冷やかし半分でパジーシュスカー通りのブランド店を一回りしたら、プラハ一のデパート「Kotva(コトヴァ)」を目指します。
開店当初はチェコの地方都市からこのKotvaへの買い物ツアーも企画されていたそうで、いやーこれは期待に胸が膨らみます。・・・イトー○ーカドーか、ここは?・・・泣けます。ただ、嫁は「ザル」を買って満足気。

Old Town SquareOld Town SquareOld Town Square
旧市街広場聖ミクラーシュ教会ティーン教会

CAFE LOUVRE
Namesti Republiky駅(line B)からメトロに乗ってNarodni Trida駅(line B)で下車。夕食をいただきに「CAFE LOUVRE(カフェ・ルーブル)」へ向かいます。ここは分煙カフェです(素晴らしい)。
私はローストポークともちろんビール、嫁はローストビーフとアイスティー(ライム入り)。ウサギはちょっとびびってオーダーできませんでした・・・。
またこれが美味いんです。ローストポーク、ローストビーフはもちろん、つけあわせのダンプリング(小麦粉orじゃがいもに水・塩を加えて蒸したもの)もめちゃくちゃ美味い!大満足のディナーとなりました。

CAFE LOUVRECAFE LOUVRECAFE LOUVRE
CAFE LOUVREローストビーフローストポーク

TESCO
TESCOでの戦利品
帰りにNarodni Trida駅(line B)と隣接している英国系スーパー「TESCO(テスコ)」によって、はみがき粉とリンス、それから水を購入。なんだか水が思った以上に高かったのが気がかりですが。
で、ホテルに戻ってふとベッドの上の置かれていた紙を見ると「Special Sunday Evening Menu」なるホテル内フレンチレストランの特別メニューが・・・美味そう・・・早く言ってくれれば・・・。


で、オヤスミナサイ。

[本日の訪問地]
posted by T's Photo Gallery at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007.7 チェコ&オーストリア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

3日目 Prague(プラハ)

プラハ
プラハの朝
早起き
3日目、目が覚めたのが5:30。ちょっと早すぎる気もしましたがのんびり準備をして6:30に一番乗りで朝食をいただいて、ホテルを7:30には出発という普段の生活では考えられないすばらしく健康的なスタートです。

ヤン・ネポムツキー像
聖人ヤン・ネポムツキー像
まずは昨日、泣く泣く諦めたプラハ城の「St Vitus Cathedral(聖ヴィート大聖堂)」へ徒歩で向かいます。途中のカレル橋は昨日と打って変わって人もまばら。
大行列が出来ていた聖人ヤン・ネポムツキー像(台座のレリーフに触れると幸運がおとずれるらしい)の周りも誰一人いなかったので、記念に嫁ともどもタッチしておきました。世界中の観光客がさわるのでレリーフはピカピカです。


プラハ城
プラハ城 城門
再びプラハ城へ
長い階段を登ってプラハ城に到着。嫁はすでに虫の息ですが。しかし早起きした甲斐があって「St Vitus Cathedral(聖ヴィート大聖堂)」に3番乗りでした。
聖ヴィート大聖堂は1344年に設立されたゴシック様式の大聖堂でチェコで最も大きな教会です。
見所はアルフォンス・ムハ(ミュシャ)のステンドグラス。その他のステンドグラスもなかなか目を見張るものがありますが。
団体の観光客が増えてきたところで退散。さて次はどこに行こうかと悩みに悩んだ末に・・・。

St Vitus CathedralSt Vitus CathedralSt Vitus Cathedral
聖ヴィート大聖堂の外観内部ムハのステンドグラス

ストラホフ修道院
哲学の間・・・
見所★★★
ガイドブックに三ツ星で紹介されていた「Strahovsky Klaster(ストラホフ修道院)」の「哲学の間」「神学の間」を観に再びながーい坂をのぼります。ストラホフ修道院の入場料は80CZK。まあなんですかね、天井画がとてもよかったですが、時間とお金をかけてまわるほどのスポットでは決して無いような気が・・・。
歩いて街に戻るほどの気力は残っていなかったので、トラムと地下鉄を乗り継いで旧市街方面へ戻ります。
ストラホフ修道院
神学の間・・・


お土産探し
さてぼちぼちお土産でも探しておかねばと、お店巡りのスタートです。
まずはハンドクラフトのお店「MANUFAKTURA(マニュファクトゥーラ)」でチェコで人気のキャラクター「クルテク」の人形とマグネットを購入。ひとつひとつ微妙に顔がちがうので嫁と2人で厳選しました。「MANUFAKTURA」にはその他にも木製のおもちゃ、食器、キッチン用品、石鹸、シャワージェルなんかも扱ってますのでお土産探しにおすすめです。(ちなみにクルテクとはチェコ語で「もぐら」って意味です。)

それからハヴェル市場へ。元々は生鮮食品の市場だったみたいですが、今では半分以上がお土産物屋になっています。チェコ産のはちみつと笑う魔女の人形が気になりましたがとりあえずスルーしておきました。

お昼も近くなってきたので、旧市街広場近くの「AU GOURMAND」でパンを買って一旦ホテルへ戻ります。
クロワッサン、ラタトゥユとモッツァレラチーズのパンを頂きました。
価格はプラハの中ではやや高めな気がしますが、おいしゅうございました。

ハヴェル市場CAFE LOUVREパンとクルテク
Havelske Trziste(ハヴェル市場)AU GOURMANDパンとクルテク

ANTIK MUCHA
チョイ先がANTIK MUCHA
腹ごしらえしたら、再び街へ。
Botanicus(ボタニクス)」で石鹸、バスソルト、シアーバターを購入。買いたいものはたくさんありましたが、ウィーンもあるので、ちょっと控えめの買いものタイムとなりました。
昨日に引き続いてアンティークショップめぐり開始。「ANTIK MUCHA(アンティク・ミュシャ)」では看板犬のフレンチブルがお出迎え。「Bric a Bracは「旅 2007年1月号」の表紙を飾ったお店です。どちらも品揃えは豊富でなんでもそろっていますが、そもそも目利きでも何でもない私と嫁はただただ眺めるだけ・・・。


Bric a Bracプラハ中央駅のカフェ
Bric a Bracプラハ中央駅のカフェ

時間が余ってきたので、Praha Hlavni Nadrazi(プラハ・中央駅)3階にあるカフェを見学に。アール・ヌーヴォー調の駅舎の中でも一際目を引く豪華な丸屋根はなかなか素敵です。ただ駅周辺はちと雰囲気が悪かった(治安が悪そう)ですが。

歩きまくって疲れたのでホテルへ戻ります。

ディナー
この日の夕食はホテルのフレンチレストランを予約済みです。
昨日は日曜なので「Special Sunday Evening Menu」でしたが、月曜は月曜でちゃんと「Special Monday Evening Menu」がありました・・・毎日特別メニューはあるようです。
予約特典のシャンパンを食前酒にいただきました。
 前菜:Vegetable Soup
 メイン:Grilled breasts of chicken marinated in herbs, roasted potates with onions and rosemary
 デザート:Pancakes with wild fruits and whipped cream
どれも非常においしく大満足のディナーとなりました。
「Hotel Esplanade Prague(ホテル・エスプラナーデ・プラハ)」にお泊りの際は是非一度味わってみることをおススメします。
 Special Evening Menu : 630CZK

前菜メインデザート
前菜メインデザート

明日はプラハを離れ、ウィーンへ向かう移動日です。
嫁は荷物のパッキング、私はお金の計算をして夜をすごしました。

プラハは首都にしてはこじんまりとした都市でしたね。
観光スポットは65点、ホテルは85点、食事は120点、こんな感じです。

で、オヤスミナサイ。


[本日の訪問地]
posted by T's Photo Gallery at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007.7 チェコ&オーストリア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

4日目 Prague(プラハ)〜Vienna(ウィーン)

Praha Holesovice
Praha Holesovice
Viennaへ
本日は移動日。列車にてVienna(ウィーン)に向かいます。
道に迷ったりして乗り遅れると大変なので、ちょいと早めにホテルをチェックアウト。Hlavni nadrazi駅からメトロに乗って、Nadrazi holesovice駅(Line C)で下車。Praha Holesovice(プラハ・ホレショヴィツェ駅)はメトロのNadrazi holesovice駅つながってましたので全く迷いませんで、出発時刻の50分前に到着してしまいました。

若干残ったチェココロナは駅の売店でお菓子を購入し使いきり、それでも時間に余裕があったので駅構内をちょっとばかし探検して時間をつぶし、40分後ようやく列車に乗り込みました。

写真を撮ったり、撮ってあげたりしているうちにアナウンス無しに列車は出発(いつものことですが)。4時間ちょっとの列車旅の始まりです。二等車とはいえなかなか快適。トイレは時間が経つにつれ汚れていくけど、すずしげな森を抜け、きれいなひまわり畑を抜け、小さな村を抜け、風車が見えてきたらWien Suedbahnhof(ウィーン・南駅)に到着です!

列車ウィーン南駅ウィーン南駅
二等車ウィーン南駅のホームウィーン南駅

チェコ出国審査とオーストリア入国審査は列車の中で済みました。楽チン楽チン。

到着
ホテルを目指して移動を開始・・・U-Bahn(地下鉄)は何処かと探してみたものの、なんと南駅からはU-Bahnは出てないようです。しょーがないので券売機の周りにいた駅係員らしき人にホテルの最寄り駅Schwedenplatzまでの行き方を尋ねました。
で、切符を購入(券売機は「English」ボタンを押せば英語表記になります)したら教えられた通りトラムでSudtirolerplatz(U1)へ移動、U-Bahnに乗り換えてSchwedenplatz(U1)へ。
そこから徒歩10分、無事「STARLIGHT HOTEL(スターライト・ホテル)」に到着です。
早口なレセプションのお兄ちゃんに一通り説明を受けたら、部屋へ・・・・
ひっひっひっひろーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!未だかつて無いくらいの広さです。テンション上がります!!
ミニキッチン有りのスウィートルーム、サイコーです。

STARLIGHT HOTELSTARLIGHT HOTELSTARLIGHT HOTEL
ベッドルームミニキッチンリビングルーム

さっそく散策
のんびりしてるヒマもなく早速、街にくり出してお茶タイム。ウィーンと言えばザッハトルテ、ザッハトルテと言えば「SACHER(ザッハー)」と言うことで、記念すべきウィーン初のカフェは「Sacher(ザッハー)」に決定!
ザッハトルテ、アイスコーヒー、メランジェ、どれをとっても美味いし、サービスもなかなかだし文句なしです。ウィーンに来たからにはここのカフェは外せません。
ウィーンのアイスコーヒーって日本とは違って、冷たいコーヒーにアイスクリーム、さらに生クリームを乗せたものなんですねぇ。
 Sacher Torte : 4.80EUR
 Eiskafee : 7.00EUR
 Melange : 4.00EUR : コーヒー+泡立てたミルク

CAFE SACHERCAFE SACHERCAFE SACHER
CAFE SACHER店内アイスコーヒーとザッハトルテ

続いて向かったのはウィーンのシンボルかつオーストリア最大のゴシック建築「St. Stephen's Cathedral(シュテファン寺院)」。ここは中より外。ステンドグラスもあんまりパッとしないし外観でショーブです。
北塔(エレベータ有り)からの眺めは最高で、青い空と遠くに見える山々がとても綺麗でした。北塔(68.3m)より更に高い南塔(136.7m)は72mの監視塔まで階段で上ることが出来ますが、残念ながら修復工事のため保護テントに覆われていました。

St. Stephen's CathedralSt. Stephen's CathedralSt. Stephen's Cathedral
St. Stephen's Cathedral北塔からの眺め屋根

それからショッピングの前哨戦。お土産の紅茶を買いに「Haas&Haas」に入ったつもりが、「Haas haus」で・・・どーりで紅茶がないわけで・・・黒人のお兄さんに「Haas&Haas」の場所を聞いて、ちょっとだけ移動。
200種もある中から、購入したのは下の二品。隣はティーハウスになってます。
 MANGO INDICA : 4.00EUR
 MOZARTTEE : 3.90EUR
さらに「Louis Vuitton」で財布をゲット。頼まれものとはいえ「Louis Vuitton」で買い物のするとテンション上がります。庶民だもんで。
靴を見に「LUDWIG REITER(ルーディック・ライター)」、「SCHUHMANN」へ。思ったより種類は少なく、めぼしい物を発見できず。

夕食
ホテルに一度戻ってから、フェルステル宮殿内にある老舗カフェ「CAFE CENTRAL(カフェ・ツェントラル)」へ。19世紀末には作家、芸術家達が常連としてこのカフェに集っていたそうで、シャンデリアありピアノの生演奏ありのとても雰囲気のいいカフェです。
この日のディナーは、
 Schnitzel : 18.50EUR : 見た目よりあっさりしててうまーい!
 Gulaschsuppe : 5.70EUR : ハンガリー生まれのシチュー料理。うまーーーい!
どちらも好みの味。オーストリア万歳!!

CAFE CENTRALCAFE CENTRALCAFE CENTRAL
CAFE CENTRALSchnitzelGulaschsuppe

ホテルに戻ったら洗濯、洗濯。庶民ですので。


で、オアスミナサイ。

[本日の訪問地]


posted by T's Photo Gallery at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007.7 チェコ&オーストリア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。