2007年10月24日

0日目 準備(東南アジア、初上陸です!)

※これは2006年6月の記事です。
フランス旅行は楽しかったなーーーっと懐かしんでいるうちに今年もこの季節がやってきました!そーです夏休みです!!フランスの田舎にまた行こうかと思っていたのですが、ワールドカップの影響でヨーロッパ方面の飛行機はキャンセル待ちとのこと・・・では、ちょっとだけ惹かれていたタイにでも行きますかね。
ちょっと前から「Crea due traveller―特集楽園タイへの招待状」とか「旅 2006年2月号」でベンキョーしてたことだしね。

ツアーでもイーかなーと思っていたのですが、「いろんなホテルに泊まりたい!」との妻の要望で、やっぱり個人旅行になってしまいました。で、いつもどーりの準備です。

今回はBangkokだけ。雨季だし暑いのNGなんであんまり外には出ない旅行にしようかと。

Singapore Airlines飛行機
飛行機のチケットはH.I.S.他でいろいろ探して、シンガポール航空に。ヨーロッパと比べるとやっぱり近いだけあって航空券も安いもんです。顧客満足度も高いシンガポール航空、ちょっとばかし期待してしまいます。


CONRAD BANGKOKHotel
Hoteは妻と「CREA due traveller」、「旅 2006年2月号」をじっくりじっくーーーり読み、候補として挙がってきたのが、チャオプラヤー川沿いの「The Oriental Bangkok」、高層階からの眺めが魅力の「Banyantree」、Banyantreeの隣の低層ホテル「The Sukhothai Hotel」、2003年開業の最新ホテル「CONRAD BANGKOK」などなど。狙いを決めたら、なるべく安く予約・・・今回の予算は2万5千円・・・。The Sukhothai HotelのWeekend Package ($200)をホテルのサイトから、CONRAD BANGKOKのEXECUTIVE FLRをホテル予約専門店グリーンホリデーで予約(23,800円)。


旅の指さし会話帳DS タイ」を買って、持って行きました。一度も使いませんでしたが・・・。


1日目Bangkokタイ着
2日目BangkokBangkok
3日目BangkokBangkok
4日目BangkokBangkok
5日目Bangkokタイ発
旅行の日程は表のとおり。

4泊5日、の〜〜んびりタイ旅行です。






posted by T's Photo Gallery at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006.6 タイ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

1日目 Narita(成田)〜Bangkok(バンコク)

出発
この日のフライトは成田を朝に出て、バンコクに昼には到着する便でして、これまでになく早起きする必要があったのに・・・・・・・・・・・見事に寝坊しました。ショージキ「終わったなー」と思いましたが、嫁をたたき起こし、猛スピードで出発準備をさせて、どうにかこうにか無事空港へ到着。


シンガポール航空
機内食
機内
Bangkokまでは6時間のフライト。チェックインが遅かったせいか、嫁との席が離れてしまいまして、6時間静かに過ごせることに。ちょっとゲームして、ちょっと映画を観て、ちょっとご飯を食べて・・・シンガポール航空のサービスも普通でした。まー所詮エコノミーだしねぇ。

ホテルへ
到着したドンムアン空港で、2万円ほど換金。今回は現金を使う機会はほとんどないと思うので、いつもにくらべると小額です。
空港からホテルまでの移動手段は「ホテル・リムジン($47)」。タクシーなんかに比べるとかなり割高ですけど、今回の旅行は「快適さは金で買ってしまえ!」がテーマですので。で、出迎えの人はと言うと・・・スーツ着てて、ちゃんとホテルマンっぽい。うーん、怪しいひげはやして白いポロシャツ着たオヤジがホテルと我々の名前の書いてあるカードを手に持って待ってるかと思ってたのに。やっぱりちゃんとしたホテル(?)は違うねえ。

リムジンの車種はベンツ(Cクラス)でした。車の中にはおしぼり、ミネラルウォーターが準備されておりました。いやー極楽極楽。なんかこんなに楽チンでいーのかなーと思ったり。

The Sukhothai Hotel
エントランス
運転手はバンコクの見所を英語で一所懸命に説明してくれました。嫁はふむふむという感じで相槌をうっておりました。リムジンからの眺めじゃ、タイだなーーーーーって感じは全然しないんだけど、運転手と話をしてるとタイだなーーーーーって感じがちょっとしてきます。
30分ほどで「The Sukhothai Hotel」に到着。ここのホテルは9階までしかない低層ホテルです。なかなか落ち着いた感じのレセプションでチェックインを済ませ、部屋へと向かいます。

The Sukhothai Hotel
Deluxe Room
The Sukhothai Hotel
今回泊まるのはDeluxe Room(45平米)。こちらをちょっとお得なWeekend Packageで予約すると1泊$200です。部屋にはウェルカムチョコレートとフルーツがとたばこのニオイ・・・うーむ、禁煙室を予約したんだけどなあ。早速フロントに電話して部屋を変えてもらいました。

部屋も全体的には落ち着いた感じのつくりになってます。TVは液晶でNHK BS(海外向け)が映ります。洗面所は2箇所もありますが、残念ながらトイレにウォシュレットはついていませんでした。

Jim Thompson
Jim Thompson
かいもの
荷解きがすんだら、とっとと外出。んー蒸し暑くてとても歩けそうにないので、タクシーを呼びました。ホテルからだとベルボーイが運転手に行き先を伝えてくれるので楽チンです(ホテルの住所、地図を記したカードもくれます)。それに「メーター?」って聞かなくて済みます(聞かないとメーターを使ってくれないタクシーもいるそうで)。で、向かった先はJIM THOMPSON。有名なタイ・シルクのお店です。ハンカチ、ネクタイ、トランクスなどなどお土産には最適ですが、とりあえず眺めるだけにしておきました。。

続いて向かった先はエンポリウム、デパートですね。ブランド品やらが並んでます。そんなに安くないので、またまた眺めるだけにしておきました。なんかバンコクって普通に都会なんだなあと思ったり。いずれにせよ本日は、収穫なしです。
帰りも当然、タクシー。「メーター!メーター!」で乗り込みます。

The Sukhothai Hotel
Celadon
Celadon
Sukhotaiに泊まっているんだから、夕食は当然、「Celadon」で。蓮の池に囲まれたレストランで、高級タイ料理がいただけます。


オーダーしたのは下記の4品。辛いものが苦手なことを伝えて、おすすめの品をいただきました。

トート・マン・プラー(さつま揚げ)
パック・ブン・ファーイデン(青菜の炒め物)
おすすめの品 その1(鶏とナッツ、きのこの炒め物)
おすすめの品 その2(麺類・でかい海老がのってる)

どれもこれも、ウマーでした。頼みすぎてしまって、デザートにたどり着けず・・・。サービスは最高でした!!

で、のんびり風呂につかって疲れを取ったら、オヤスミナサイ。


[本日の訪問地]


posted by T's Photo Gallery at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006.6 タイ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

2日目 Bangkok(バンコク)

Colonnade
パンとシリアル
朝食
朝食はホテル1Fにある「Colonnade」でいただきました。シリアル、ソーセージ、ベーコンチーズ、パン、フライドライス、オムレツ(その場で作ってくれます)などなどが、もりだくさん待ち構えています。朝からテンションがあがりまくりです。

中でもお気に入りはスイカジュースでした。

ColonnadeColonnadeColonnade
フルーツジュースお粥、味噌汁などなど


THE SUKHOTHAI SPA
THE SUKHOTHAI SPA
SPA
THE SUKHOTHAI SPA」にてエステ初体験、若干キンチョー気味の私。嫁にとってはメインイベントの一つなんで隣でウキウキしてます。誘われるがままに予約してみたものの「男がエステ?マッサージ?」と思ってました、ホントのところ。

受け付けを済ませ、かなりこじんまりとしたお部屋に通されます(いいにおいがします)。 スッポンポンを覚悟してましたが、パンツは穿いたままでOK(コースにもよるのでしょうが)。

THE SUKHOTHAI SPA
THE SUKHOTHAI SPA
で、体にオイルを塗りたくられ全身マッサージの開始・・・いやーーー気持ちイー、サイコー、極楽!極楽!なひと時をすごさせていただきました。いやー「男もエステ!」ですな。

嫁はというと、あまりの気持ちよさに寝てました。
「THE SUKHOTHAI SPA」はメインの建物の2階にあります。


Chocolate Buffet
Chocolate Buffet
Chocolate Buffet
14:00からは嫁が楽しみにしていたチョコレートブッフェです。結構人気が有るらしいので念のため予約しておきました。

チョコレート菓子以外にも寿司、サンドイッチ、焼き鳥などなどもあり昼食がわりに腹いっぱいいただきました。そのかわりに、チョコレートブッフェのメインとも言えるホットチョコレートを頂いておりません・・・なにやってんだろう・・・。
それにしても、スコータイは何でも美味いんで幸せな気分になっちゃいますねえ。
(ちなみに月曜〜金曜まではアフタヌーンティーをいただけます)


散策
食欲が満たされたら、ちょっとだけお出かけ。タクシーに乗って「The Oriental Bangkok」へ向かいます。創業130年の伝統、格式あるThe Orientalで、なんかお土産になるものでもないかと。
ホテル内のショップでキャンディを同僚の土産に購入。このキャンディ、外(缶)には「The Oriental Bangkok」と書いてあるんだけど、中身のキャンディは日本でも(KALDIとか成城石井とか)売っている代物・・・ションボリです。でもまあ、今度来るときは泊まってみたいもんです。


またCeladon
昨夜の夕食があまりにも美味かったので、この日もCeladonを予約。昨夜の経験を生かし、デザートにたどり着けるようオーダー。何食べたか今となっては思い出せませんが、おいしかったなあ・・・写真撮るのわすれてたなあ・・・。

で、のんびり風呂につかって疲れを取ったら、オヤスミナサイ。

[本日の訪問地]


posted by T's Photo Gallery at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006.6 タイ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

3日目 Bangkok(バンコク)

王宮・エメラルド寺院
仏舎利塔
ようやく観光・・・
3日目です。そろそろ観光しとかないとマズイので、とりあえず「王宮・エメラルド寺院」に行くことに。ベルボーイにタクシーを呼んでもらうわけですが、なんと連続4台から乗車拒否されちゃいました。どうも長距離は嫌われるみたいです。長距離よりも短距離をこなす方が儲かる料金制度なんでしょう、多分。
ホテル(Sukhotai)から「王宮・エメラルド寺院」まではタクシーで約30分。本日もかなりの蒸し蒸しっぷりですが、気合を入れて観光するしかありません(嫁は半ベソです)。

王宮・エメラルド寺院
チケット売り場
門をくぐると左手に金色に輝く仏舎利塔(プラ・シー・ラタナー・チェディ)が見えてきます。人の流れに乗って歩いているとチケット売り場を発見。一人250バーツ、タイの物価を考えると高めです(もちろんタイ人は無料)。順路に従って歩いていくと豪華絢爛な建物が次々と現れます。もう、夢中でシャッター押しまくりです。やっぱり、ガイドブックで見るのとは感動が違います!なかには「アンコール・ワットの模型」なんかもあったりします。


のんびり歩いていると本堂に到着。靴を脱いで本堂内部を見学します(写真撮影は禁止)。薄暗くてよくわかりませんが、なんとなくタイの神秘を感じたり、感じなかったり・・・。神聖な場所には違いないのだろうけど、こうも蒸し暑いとバテてきちゃって「心穏やかに・・・」って感じにはなりません。ショーガナイ、俗物だもんで。

王宮・エメラルド寺院王宮・エメラルド寺院王宮・エメラルド寺院
ヤック その1ヤック その2

最後に「王宮(といっても現国王は住んでいません)」を見学して、観光終了。

感想は「金だった」・・・ですかね。嫁はきっと「暑かった」・・・でしょう。

ついでに隣の「ワット・ポー」も見学しとこうかと目論んでたのですが、嫁がベソかいてたんでタクシー拾ってホテルに戻ったのでした。


CONRAD BANGKOK
CONRAD BANGKOK
CONRAD BANGKOK
2日ほどお世話になった「The Sukhothai Hotel」とは本日でお別れ。チェックアウトを済ませ、タクシーで「CONRAD BANGKOK」へ向かいます。

今回はEXECUTIVE ROOMを予約したので、専用ラウンジでのチェックインとなりました。通された部屋はさすがに24階だけあって眺めが良い。ベッドの上では象のぬいぐるみ(お土産にもらって帰りました)が出迎えてくれました。

CONRAD BANGKOK
エグゼクティブ・ラウンジ
しばし休憩した後はエグゼクティブ・ラウンジで軽食をいただきます。席に着くと、すぐに飲み物のオーダーに来てくれます。本日のメニューはクロワッサン、フルーツ、スイーツ(2種類)。腹ごしらえしたら街へ繰り出します。


エラワン・サンプラプーム
エラワン・サンプラプーム
買い物
タクシーで街へ。CONRADのドアマンもちゃんと運転手に行き先を告げてくれます。さらにタクシーのナンバーをカードに控えて渡してくれました(トラブル時対策ですね)。

今回も安心して目的地(伊勢丹)へ行けると思いきや、「伊勢丹は小さくて、つまらんよ。宝石に興味ないか?安いとこ知ってるよ?」と運転手のお誘い。ガイドブックに載っていた宝石詐欺の手口ですね。私は完全無視を決め込んでましたが、嫁はニコニコしながら「伊勢丹に行く!」と宣言。で、運転手が降ろしてくれた場所は、ラチャダム通りとラマ1世通りの交差点にある「エラワン・サンプラプーム」の前、微妙に遠いんですけど。

ラチャダム通り
ラチャダム通り
ちょっと歩いてWORLD TRADE CENTERに向かいます。ワールドカップ開催期間中ということもあり、広場に大きなテントとスクリーンが設置されてました。きっと盛り上がるんだろーなーと横目に見つつ、伊勢丹へ。嫁さんはお買い物です。タイは「女性用下着」が安いそうですね。嫁さんも一生懸命、漁ってました。私はベンチでしばし休憩。
さらに1FにあるJIM THOMPSONでネクタイ、カードケースなどなどをお土産に購入。
ちなみに同じWORLD TRADE CENTERにあるZENは改装工事中でした。

WORLD TRADE CENTER周辺をいろいろと歩いてみたんですけどねえ、なにせ暑いんですよ。5分歩いたら汗ダクダクです。根性ないのでタクシーひろってホテルに戻ります。


スーパーマーケット
スーパーマーケット
またまたCeladon・・・なわけもなく
ホテルに戻ってまた休憩。そろそろ夕食のことを考えないといけない時間になってきました。CONRAD BANGKOKがはいっているALL SEASONS PLACEにはショッピングモールもありますので、とりあえず行ってみることに。

うーん、特筆すべき店は特にありませんが、スーパーがありました!!スーパーってどの国でもテンションあがるんですよね。ただ、スーパーの中で写真とると大抵、お店の人に怒られるんですけど。
「CupNoodles Japan」ってやつを見つけて購入。いざとなれば、これでも食って飢えをしのげばいいかと・・・。昨日までの食事と比べるとすごい落差ですが。

ホテルに戻ったら、とりあえずエグゼクティブ・ラウンジで軽食をいただきます。意外とお腹いっぱいになっちゃいました。エグゼクティブ・ラウンジ恐るべし。
部屋に戻ったら、ワールドカップを見たり、ガラス張りですけすけの風呂(カーテンはありますが)に入ったり、日記かいたり、嫁さんの足をマッサージしたりで3日目の夜はふけていったのでした。

それでは、オヤスミナサイ。

[本日の訪問地]


posted by T's Photo Gallery at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006.6 タイ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

4日目 Bangkok(バンコク)

ワット・ポー
涅槃仏
やや観光・・・
この日も気合いを入れて、ワット・ポーへ行ってみます。金ピカの涅槃仏は圧巻です。特に足の裏が細工がすごいことになってます。
ちょっと曇り気味だったので暑さに弱い嫁にとっては好条件。調子に乗って寺院を一回りしながら仏塔の写真を撮りまく・・・っていたら、急に晴れてしまいましたので、とっととタクシー拾ってホテルへ退散。

ワット・ポーワット・ポーワット・ポー
涅槃仏の足の裏仏塔ネコ


スパ
スパ
2回目のSPA!
ホテルに戻ったら、この旅2回目のSPA。ボディスクラブ(2時間コース)を初体験です。なんだかザラザラしたのを体に塗りつけられ、全身さわられまくり。気持ちよくって一眠りしている間に、体はスベスベになってました。しかも料金40%オフで、お土産までもらって大満足でした。この分だと明日もSPAかねえ。


MBK
MBK
これぞバンコク
SPAでさっぱりしたので、街へ。ハイアットでジャムをお土産に購入して、MBK(ショッピングセンター)に向かう途中怪しい女2人が・・・。
 女1「あら、その帽子すてきね。どこで買ったの?」(嫁の帽子を指さしながら)
 女2「今度、私に日本に行くの。新宿って怖い?」
 女1「もし良かったら、お茶でも・・・」
 私『時間ないから、バイバイ』
どっかの旅行ガイド本に載ってたサギの手口と同じでした。加えてMBKは何にも無いし・・・帰りのタクシーは・・・。
 運転手「メーター壊れてるんだよ。100バーツでどう?」
 私『降りるから停めてくれ。』
バンコク、恐るべし。ホント油断できん。


疲れたので
ホテルでアフタヌーンティーして、風呂入って、ラウンジで軽食とって、風呂入って・・・することなくなったのでオヤスミナサイ。


[本日の訪問地]


posted by T's Photo Gallery at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006.6 タイ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。